日本テルペン化学株式会社

English

会社案内

ご挨拶

日本テルペン化学株式会社は、大正8年(1919)に再製樟脳株式会社として設立以来、
テルペン類(植物から得られる天然精油)を主原料とした香料ケミカルズ事業において、
国内トップクラスの地位を築いてまいりました。

私たちが自然との対話から学んだ数多くの知見は、時代のニーズに合わせてさまざまな技術と融合し、
日常生活における個性豊かな癒しの創出に貢献しています。

また令和元年(2019)には創立100周年を迎えました。
これもひとえに皆様の御厚情の賜物と深く感謝申し上げます。

これからも、伝統のテルペンケミカルズだけではなくファインケミカルズ分野のユニークな担い手として、
皆様方のお役に立てるものと確信しております。

代表取締役  松野孝平

会社情報

表は左右にスクロールできます。
商号 日本テルペン化学株式会社
代表者 代表取締役  松野孝平
拠点情報 本社・神戸工場 〒658-0031 兵庫県神戸市東灘区向洋町東2-3
TEL 078-811-1301 / FAX 078-811-1367 東京支店 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 南館13階
TEL 03-5224-9191 / FAX 03-5224-9193
資本金 6,400万円
従業員 59名(令和4年2月現在)
製品構成 テルペン及び関連商品     80%
ファインケミカル及び受託合成 17%
医薬品及び医薬中間体       3%
役員一覧 代表取締役       松野孝平
常務取締役神戸工場長  津田 寛
取締役研究技術部長   森 俊樹
取締役顧問       楊井眞平
監査役         白鳥雄士

沿革

表は左右にスクロールできます。
1919(大正8年) 再製樟脳株式会社を設立 資本金100万円 神戸市葺合区(現在の中央区)に本社・工場を建設 専売局の指定工場として樟脳の加工を開始
1924(大正13年) 樟脳連続昇華装置を建設 樟脳油から精製粉末樟脳までの一貫生産を開始
1961(昭和36年) 兵庫県加古郡播磨町に土山工場を新設 テルペン系炭化水素、過酸化物などテルペン分野の総合開発を開始
1963(昭和38年) 資本金を5000万円に増資 医薬品製造、食品添加物製造の許可を受け、医薬品、食品添加物の製造を開始
1964(昭和39年) 社名を日本テルペン化学株式会社に改称
1965(昭和40年) 合成メントール、合成香料の分野に進出し、単品香料の供給を開始
1980(昭和55年) 反応、精製設備を増強し、ファインケミカル、医薬中間体分野に進出
1993(平成5年) 資本金を6400万円に増資
1996(平成8年) 医薬品製造にGMP体制確立
2001(平成13年) 全事業所でISO9001認証取得
2003(平成15年) 神戸工場、土山工場の統合移転を目指して神戸市東灘区(現在地)に神戸事業所用地を取得
2004(平成16年) 神戸事業所稼働開始
2006(平成18年) 本社を現在地に移転し、神戸事業所を神戸工場と改称
2019(令和元年) 創立100周年を迎える

アクセス

本社・神戸工場

〒658-0031 兵庫県神戸市東灘区向洋町東2-3
TEL : 078-811-1301 / FAX : 078-811-1367

東京支店

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 南館13階
TEL : 03-5224-9191 / FAX : 03-5224-9193

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせや事業に関する
お問い合わせはこちら